自閉症のピアニスト

小柳拓人

小柳拓人1994年生まれ、東京都在住。都立青鳥特別支援学校卒業。自閉症で、幼少時、多動で言葉の遅れもあった中、唯一音楽が聴こえていると落ち着いていられたことから、5才より音楽教室に入室。8才よりピアノの個人レッスンをはじめる。毎日決まったことを決められた時間に行うことや指番号を守ることへのこだわりがピアノ練習に功を奏す。15才「国際障害者ピアノフェスティバル」特別賞。17才、18才同フェスティバルで金賞他受賞。19才「ピョンチャンスペシャルミュージックフェスティバル」クラシック部門第1位。21才、22才「香港自閉症才能コンテスト」2年連続ベストリズム賞。チャーミングスターの称号を与えられ殿堂入り。23才「世界自閉症フェスティバル」パフォーミングアーツ部門第3位。日常生活では人と視線が合わなかったり、特有のユーモラスが言動が目立つが、いったんピアノに向かうと顔つきが真剣になり、エネルギッシュな演奏でお客様を楽しませる。

中学生からは吹奏楽部に入部しフルートをはじめる。「コバケンとその仲間たちスペシャルオーケストラ」や様々なアンサンブルに参加。その他、フルート演奏と絵、詩の朗読、バレエ、創作ダンスなど他芸術とのコラボも積極的に行う。ピアノ演奏と共に、アメリカ、カナダ、台湾、韓国、中国などで国際的に演奏活動を広げる。2010年にはこれまでの音楽活動がNHKテレビで、2017年には日本テレビでも紹介された。
 
ピアノ技能の習得過程からヒントを得て、高校生の時日本語ワープロ検定1級取得。平日は、その技能を生かしてPCデータ入力の仕事で会社員でもある。データ入力スピードは一般社員の2倍以上。

PAGETOP
Copyright © 自閉症のピアニスト 小柳拓人 All Rights Reserved.